Toucanバーチャル博物館
VRML図鑑 3DCG 展示室   開発日誌 お問い合わせ

お花畑 onDesk

リトルプラネット onDesk

惑星には一輪だけ赤いバラが咲いています。惑星探査カメラで探してください。

惑星は地表の険しさ、惑星の色、海の大きさなどを調節して作成することもできます。惑星は地殻変動、浸食堆積をしながら徐々に緑が増えてきます。緑が増えるとバラが咲きます。

カメラアングル調節、デジタルまたはアナログ時計を表示できます。

ソフト紹介ムービー

使い方

操作パネル

惑星の上にマウスを持っていくと操作パネルが現れます。

カメラアングルの調節、再生・一時停止、オプションを操作設定します。

カメラは宇宙船カメラ(SHIP CAM)と惑星探査カメラ(ROVER CAM)を切り替えることができます。

惑星に緑が増えるとバラが一輪咲きます。咲くとRoseの表示が現れます。惑星探査で前方にバラがあると、赤く点灯して知らせてくれます。

操作パネルは、CLOSEをクリックして閉じることができます。

CREATIONボタンで惑星を作成、改造するパネルに切り替えます。

CREATIONパネル

地表の険しさ、惑星の色、海の大きさ、などを設定します。

地表の険しさ、山の大きさは左の矢印、凸凹の量は右の矢印で調節します。

地表の色は上から雪、高山、砂漠、緑地、沼、浅瀬、海底の色です。

空の色は成層圏、空、雲の色です。

海の色と矢印で大きさを調節します。

新規(NEW)、新しい惑星を作成します。保存は終了時に自動的にして、次に実行した時に読み込みます。

読み込み(LOAD)、作成した惑星ファイルを読み込みます。

既定値(DEFAULT)、最初に表示された惑星に戻します。

更新(UPDATE)、設定した値で惑星を更新します。地表の色は直ぐに変わりません。徐々に変化していきます。

オプション設定

解像度:動きがぎこちない時は、解像度を下げると症状を改善できます。
時計:時計の種類、位置、色、透明度、大きさを設定します。
自転速度:自転の速度を指定できます。自転が早いほど、惑星の浸食堆積などによる変化が早くなりますが、処理の負担も大きくなります。

右クリック、ショートカットキー

パソコン使用中に動作が重いと感じた時は、Ctrl+Pで一時停止してください。

惑星探査カメラの使用時は、キーボードの矢印キーで操作できます。

動作環境

Windows Vista(XPでは動作しません)
Windows Aero(ディスプレイドライバがWDDM対応)
.NET Framework 3.5 SP1
最新版のDirectX

マルチモニタには対応していません。
描画サイズがCPU使用率に大きく影響します。スムーズに動かない場合は、小さくしてご使用ください。
または時計を使用しないことでも改善できます。
自転速度を1時間、または1日に設定すると、ほとんどCPUを使用しません。

ダウンロード(Update 2008/12/14 Version 1.0 Build 3270)

タンポポ onDesk   

インストールの手順

1.setup.exeアプリケーションを実行してインストールしてください。

2.最新版のDirectX のインストールが必要です。

最新版のDirectXのインストールは「DirectX End-User Runtime Web Installer」からインストールしてください。詳しくは「DirectX ダウンロードページ」をご覧下さい。

3.NET Framework 3.5 SP1 はWindows Updateの自動更新、又は下記の方法でインストールしてください。

「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「Windows Update」の順にクリックします。Windows Updateが起動します。

更新プログラム「Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 および .NET Framework 3.5 ファミリ更新プログラム」をインストールします。

または、こちらから Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1