Toucanバーチャル博物館
VRML図鑑 3DCG 展示室   開発日誌 お問い合わせ

トコちゃんの開発+介護日誌 2021年1月

1月22日 ウレタン高反発マットレス、買い換え

2019年9月に衝動買いしたウレタンマットレス、1年半ぐらいでへたってしまいました。ネットで調べると、仕方ないようですね。

GOKUMIN(極眠) マットレス ベットマット 敷布団 厚さ4cm 【独自高反発で様々な用途で気軽に使える抗菌防臭加工マットレス】¥6,780

買い換えました。以前に購入したMyeFoamの厚さ3cmからGOKUMINの厚さ4cmにしました。若干評価が高い。値段は1000円ほど高い。これで、またしばらく安眠。 

1月13日 Flashが・・・・

ツチフキのモデルのリメイクが終わったので、TurboSquid(3D販売サイト)にアップロードしようとしたらアップロードのボタンが反応しない。

今までTurboSquidのLegacy(古いシステム)を使用して、かつInternet Explorer 11でFlashを使用して複数ファイルのアップロードに対応していました。ついにFlashが無効化されてしまったようです。アップロードが出来ない・・・

齢をとると新しいことに対応すのが億劫になって、うすうす気がついていて、ついにその時が来たかとあまりショックではなかった。仕方なくEdgeブラウザでチャレンジ。

古いシステムではディレクトリ構造になっていたのが、新しいシステムではディレクトリは隠されていてフィルター機能でファイル管理するようだ。タグでフィルターが掛けられそうだが、まともなタグを打っていなかったので全部が一覧表示。川魚、海魚、熱帯魚など細かくタグを打っておけば良かったのにと後悔。

なんとか新しいファイルをアップロードして、プレビュー表示してみようかとおもったら、「1920*1080の画像が最低5枚は必要。UVは最低でも800*800。ワイヤーフレーム画像も1枚指定してね。」みたいなメッセージが表示される。無視してパブリッシュボタンをクリックするも通してくれない。

仕方なく1920*1080でレンダリングしなおし、UV画像は512*512しか無いので周りに余白を作って800*800に。通常は高解像度のUVの一部を800*800に切り取ってチラ見セする用途のようなのだが、テクスチャが512*512のレガシー仕様で情けない。

再チャレンジしてなんとかアップロードできました。 3Dモデルのリメイクをしているが、テクスチャは最低でも1024*1024が必要なのかもしれない。ファミコンのスプライト8*8のドット絵から比べれば512*512のドット絵は格段の進歩なのだが、1024*1024になってしまうとドット絵の範疇から逸脱してしまう。それは写真画質。

実はテクスチャの作成について、なんとなく考えていました。画像制作はツールによって、その味わいが変わってきます。油絵や水彩画、ドット絵や写真修正などのように。ドット絵は高解像度になると制作に時間がかかり過ぎます。また全ての細部に細心の注意や熱意を注ぎ込むのは無意味です。

今の魚のテクスチャもドットでは描いていません。でもドット絵風です。自作のツールで作成していますが、これをさらに意図的に整理してみようかと考えています。簡単に説明すると、版画の多色刷りのような方式。

1月1日 明けましておめでとうございます。

2014年12月29日より運営してまいりました『釣り介』ですが、2021年10月31日をもちましてサービスを終了させていただくこととなりました。

Silverlightのサポートが2021年10月12日で終了するのが理由です。

現状で動作するブラウザがInternet Explorerだけであり、利用者も少なくなっております。
私のSilverlightの開発環境もハードディスクが故障してから維持できていないので、メンテナンスが出来ないのが現状です。仕方ありません。

釣り介の今後については、形を変えて復活させたいとは思っていますがまったくの未定です。ゲームとしてではなく、釣りのツールのような使い方ができればとの、なんとなくの方針があったのですが、なんとも中途半端です。

リメイク状況

リメイク状況

タモロコ、タナゴ、テナガエビ、チチブ、トミヨ、トウギョの6種。

リメイク始めた頃は1尾に2−3日だったのが、1尾で5日かかっています。作業が倍ほど丁寧になっているのが原因で、サボっている訳ではありません。初日は下調べ、2日形の修正、2日テクスチャ作成。

17ヶ月で110/260個完了しました。全部終わるのにあと23.2月。

../toucan/TocoDiaryJ.html